やけどしない投資なら積立投資

現在では金融への投資に関する商品は数多くあります。株やFX、先物取引、日経先物取引、投資信託、外貨預金などバリエーション豊富ですが、投資には少なからずその金融対象商品の知識が必要な場合があります。この金融の知識を得てから投資を始めるのがもっともですが、知識の集積には時間がかかり、またどこから手をつければいいかわかりにくいです。そのためについに感覚的に株を始める方もいますが、自分が知っている会社で規模が大きいから安心と思って初めてもその株を購入したときは、実は最高値更新したところで最高時を過ぎていたなら結果的には高値掴みをしたことになり、株価が戻るまでに大きな損失を抱えてやけどすることになります。このような失敗をせずに投資は始めたい場合には何がいいのかと言いますとそれは積み立ての形式で行うことがベストです。積み立てなので定期貯金の感覚で月々の購入金額を決めて行うもので、株であれば安いときに多く買って、高い時に少なく買うことになり、所有資産が平準化していくのでおおきな損失を抱えることがなく、長く続ければその株などが大幅に上昇した場合には累積した資産が大きく増えることもあります。つまり資産運用として無理なくリスクが少なくはじめることができます。この積み立ての投資に一番向いているは、投資信託で株や債権、先物なのでうまく分散して運用していくので、株のみの積み立てをした場合の倒産リスクは回避でき、また仮に株がふくまれるものでも他の債権や先物取引で利益があがればトータルでの資産増加もありえるので長く運用して確実に資産をふやせます。このような一定の期間の積み立ての投資の方法が確実であると思われます。

おすすめ記事