野村の一般口座で投資をする

投資をするときには証券会社などに口座を開設することが必要となります。この口座にはいくつかの種類があり、最近では特定口座を利用する人が多くいます。その理由は、税金関連の手続きが簡単だからです。特定口座には源泉徴収ありのもののとなしのものがあります。源泉徴収ありの場合、納税の手続きまで行ってくれますから、手続き面では非常に楽だと言えるでしょう。源泉徴収なしの場合でも、税務申告に必要な書類の作成をしてくれますから、手続きは楽です。

すでに多くの人が特定口座を利用しているのですが、特定口座の仕組みができる前には、一般口座が利用されていました。例えば野村證券でも両方から選ぶことができるのです。現在でも利用する人はいるようですが、そのメリットはほとんどありません。唯一あるとすれば、30万円を超える場合にのみ税務署にその情報が届けられることです。ですから、30万円を超えなければ税務署に情報を知られることはありません。

しかし、税務署に知られないとしても、もしも税務深刻をしなければ、それは脱税ですから違法行為となります。つまり、違法行為をしたいという人にとっては、多少のメリットがないわけではないのですが、普通の人にとってはメリットは全くない散っても良いでしょう。

なお、20万円以下の利益しかない場合には、申告して納税する義務がありません。つまり、20万円以下であれば利益が発生しても申告しなくて良いケースがあるのです。ですから、税金をできるだけ安くしたいと考えているのなら、特定口座で源泉徴収なしを選ぶというのが良い方法です。これは違法な行為ではなく、利益があまり大きくない人なら、このようにして税金対策を行うのはごく普通のことです。

おすすめ記事